2023.11.24

【延期】オーベルジュ ときと 「アルチザン」コラボレーション企画 第一弾 石田和也 × オーベルジュ ときと SHOKKAN【 触感 × 食感 】

オーベルジュときと コラボレーション企画 第一弾 石田和也 × オーベルジュときと SHOKKAN【 触感 × 食感 】

※12月9日(土)に予定しておりましたオーベルジュ ときと 「アルチザン」コラボレーション企画 第一弾 石田和也 × オーベルジュ ときと SHOKKAN【 触感 × 食感 】に関しまして、諸事情により延期とさせていただきました。(2023年12月7日)
詳細はこちら

 

 

2023年12月、オーベルジュ ときとから世界に発信する、「食」にまつわる日本文化のコラボレーション企画がはじまります。「アルチザン・シリーズ」として継続展開を計画していますが、その記念すべき第一回目として、石井がロンドン時代から親交があり、備前焼の新進気鋭作家である石田和也氏をお迎えし、「陶芸×食」の日本最先端を表現します。
今回提供されるコース料理の一品一品は、石田氏が創り上げた新作にインスピレーションを受けた、石井料理長をはじめとする、オーベルジュときとの料理人それぞれが作り上げています。

石田氏の手から生み出される器は、唯一無二の突出した個性を持っています。また、様々なバックグラウンドを持つオーベルジュ ときとの各料理人が作り出す料理にも、日本料理の型に嵌らないユニークさがあります。

ぜひこの機会に、彼らが創り上げる全く新しい「SHOKKAN」の作品群を、実際に手に取り、味わい、体感してください。

 

SHOKKAN 【 触感 × 食感 】

■日付:2023年12月9日(土)

■会場: オーベルジュ ときと、宴会場「離れ」及び 食房

■時間:【第一部:16:30-17:30】
(16:00会場 ウエルカムドリンクあり)

・陶芸と食にまつわるトークイベント
・石田氏のろくろを使ったパフォーマンス
・備前焼の紹介VTR上映

【第二部:18:00-21:00】
・コラボレーションディナー

■料金: お一人様50,600円(消費税・サービス料込)

<料金には以下が含まれています。>
・ お食事代
・ウエルカムドリンク1杯(アルコール or ノンアルコール)
・お食事中のドリンク3杯(アルコール or ノンアルコール)
・食後のドリンク(コーヒー or ハーブティー)

■ご予約方法:オーベルジュ ときと 公式インスタグラムへのDM、もしくは食房のご予約専用ページより承ります。

■お支払い方法: 12月6日(水)までに事前決済をお願いいたします。詳細は上記の申し込みサイトに記載いたします。

■キャンセル料: 前日17時以降のキャンセル:100%、2日前から前日17時まで:50%

■お問い合わせ: オーベルジュ ときと コラボレーションイベント担当宛 042-525-2492(火曜日を除く、10:00-20:00)

ご注意

・Auberge TOKITOのご利用は16歳以上となっております。
・ お席はシェアテーブルでのご用意となります。
・他のお客様のプライバシーを保つため、映り込みには十分ご注意いただき、写真や動画を第三者に開示したり、SNS等に掲載するにあたってはご配慮いただきますようお願い申し上げます。

石田和也氏 プロフィール

1986年岡山県備前市に生まれる。父も作家で備前市伊部で生まれ育つ。
高校卒業後、父の登り窯、伊勢崎 淳先生の穴窯を学んだ。

慣れ親しんだ備前という地で「一生を通し自分に何が出来るのか」を、常に自問自答しながら責任と覚悟を持って作品作りをしている。

備前以外でも国内外の薪窯の窯焚きを幅広く経験してきたこともあり、土や窯に合わせた窯詰めや焼成を考える事や、電動ろくろでの仕事を得意とし、特に筒を内側から含ませることで器の表面に多彩な模様を出す技法「螺法」に長年取り組んでいる。

備前市三石にある陶石の鉱山(土橋鉱山)で自ら採掘した天然の磁土を使い、素材の強さや神秘性を活かした造形にし、薪窯で強く焼き締め、素材の白と灰のかかっている黒の濃淡を出すことで石田氏なりの自然美の表現を目指している。

技法にフォーカスしてきたこれまでの殻を破りたいと思い、自分と物づくり、素材の関係性を備前の歴史と技術を用いながら具現化出来るよう歩んでいきたいと考えている。

略歴

1986 岡山県備前市に生まれる
2007 備前焼人間国宝 伊勢崎 淳氏に師事
2011 渡英 イギリスで語学、研鑽を積む
2015 日本伝統工芸展 中国支部展 教育長賞受賞
2016 Oxford大学 客員教授として招聘
2020 備前で採掘した磁器での作品作りに取り組む
2022 個展 天満屋岡山店
2023 個展 The Delicate eyes (Australia)

Category
Tag